保険で補修

スピーカーの補修に火災保険が使えます

なぜ補修に火災保険が適用されるのか?

その補修、火災保険が使えます
その補修、火災保険が使えます

スピーカーは火災保険の適用範囲内です

名前から、火災保険は火災にのみ適用される保険だと思われがちです。しかし火災保険とは家そのものである「建物」と、建物の中にある家具などである「動産」が対象となる保険であり、火災以外でも火災保険を活用することができるのです。
あなたの加入している火災保険を使って、スピーカーの補修を行うことが出来るかもしれません。

まずは一度ご相談ください

実際に火災保険が適用されるかどうか、判断するのは分かりにくい場合があります。
まずはお気軽に私たちにご相談ください。保険が適用される補修を1,000件以上経験した弊社の技術者がご対応いたします。なおご相談は無料となっております。

※ご加入になっている火災保険の種類によっては、適用されない場合がございます。

スピーカー補修をする際の保険申請から保険金受け取りまでの流れ

感動修復では、保険の申請から受け取りまでの流れをサポートいたします。
保険金を受け取るためには、以下の3つの資料が必要になります。

・保険申請用の書類
・スピーカー補修の見積書
・スピーカーの写真

具体的な流れは以下の通りです。

step1

step1 保険の対象となるか確認

step1

最初に保険会社に連絡し、保険の対象となるかどうか確認していただきます。
保険の対象となった場合、申請用の書類が送られてきます。

まずは補修の見積もりをしたい、補修可能かどうか確認したいという場合は、先にお見積り・お問合せフォームからお申込みください。

step1

step2 本サイトのお申し込みから申請し、見積書を手に入れる

step1

保険の対象になることが分かったら、本サイトのお見積り・お問合せフォームから見積書の申し込みをしてください。

フォームからいただいた情報を元に、見積書を作成いたします。見積書はPDFデータにてお送りいたします。

保険金が支払われるかどうかには、見積書も関係しています。つまりしっかりした見積書でないと、保険金を受け取ることが出来ないのです。感動修復は1,000件以上の保険対応のリペアを経験しており、安心して保険の申請をしていただけます。

step1

step3 申請用書類・見積書・スピーカーの写真の3つを保険会社に送る

step1

step1で手に入れた申請用の書類に必要事項を記入します。保険会社によって内容は異なりますが、5分ほどで書き終えることが出来ます。
書き終えたら、見積書・スピーカーの写真を印刷し、申請用書類と一緒に保険会社に送ります。

2,3週間後に保険金が振り込まれます。振込みをご確認なさったら、再び感動修復へご連絡ください。スピーカーの補修を行わせていただきます。

お見積り・お問合せはこちら

805 D3・RUBICON8・TD725SWMK2・FS 509 VX-JET・KANTA N°3・JBL S4700・Platinum PLW215 II・twenty5 26などの外装補修ならオソート

Bowers & Wilkins・DALI・ECLIPSE・ELAC・FOCAL・FYNE AUDIO・JBL・Monitor Audio・PMC・TANNOYなど高級スピーカーのキャビネット修理はおまかせください

タイトルとURLをコピーしました